京都の木の家注文住宅のエビナ製材ブログ

人との接し方 -裏表のない性格 強い責任感-

どうもみなさんこんにちは、エビナ製材海老名宣行です。

さて、今回は僕の「人との接し方」について書いていきます。

お客さんとの接し方

お客さんとの打ち合わせのときや施工実例のページのインタビューによく書いてありますが、営業ぽくないとよく言われます。いわゆる営業さんのように、「ウチで建ててください!契約してください!」というようなゴリ押しをしない&出来ないんですね。

僕は大学卒業してからすぐに一条工務店というハウスメーカーの営業として約2年程勤務していました。一条工務店では社会人としてマナーから営業のやり方まで徹底的にたたき込まれました。そして、そこで見た良いこと悪いことを今に活かしています。

押し売りのようなことやお客さんが納得のいかないことを無理に押し通すことは、お客さんがイヤそうな顔をしているのを見るのもイヤですし、後々自分に返ってくるからやりません&出来ません。逆に押して欲しいという人もおられますが、そういうタイプの人と合わせることは僕にとってはすごく難しいです。

お客さんとのお付き合いは、建てる前からはじまり、建てて完成して引っ越されて、そこから20年30年のお付き合いになります。長いお付き合いになりますので、信頼できる人なのかどうなのか、なんでも言いやすい人なのかをお客さんに判断してもらわなければなりません。恐らく初対面時の印象がそのままずっと残りますから、相性の合いそうな人を選んだほうが良いですよ。

ハウスメーカーの営業さんだったら、そのうち転勤だったり転職だったりしていることが多いですから、お付き合いは途切れてしまいますね。

裏表のない性格 感情の起伏

人によく見られたいという気は全くと言っていいほどないので、だいたいいつも素の状態です。お客さんに良く見られるように芝居して裏では業者さんや職人さんにキツイことを言うわけでもありません。誰に対してもどこに行ってもほぼ同じように接します。

同じように感情の起伏もよほどのことがない限りないので、物事は冷静に見ています。冷静に物事を見ていますから、言い方を変えればドライですし、冷たいとも言えます。その場のノリで怒ったりとかそういうのもほとんどないです。社会人ですし、もういいおっさんですから、キレたりしてたらダメでしょう。

裏表無いし感情の起伏もない性格ですから心理的な駆け引きは苦手で、出来ません。

って書いてたら、まるで自分がロボットのように感じられるので、それは違います。ちゃんと笑ったり悲しんだり出来ます!

頼まれたらNOと言えない

仕事だけでなく、木材業界の団体の中でもいろいろ役を打診されて受けてしまうことが多いです。大変だけど、何か得るものがあるだろうと思っているのがよくないのでしょうけどね!

頼まれたら責任持って成し遂げる

そして、頼まれたら頼まれたで、やるからにはちゃんとやろうと頑張ります。これは、家をつくるにしても仕事以外のことにしても同じです。そういう風にしていると段々と多くの人から信頼されていくようになっていきます。責任感は強いほうです。

そうなると更に責任の重い仕事を任されるようになるわけなんですが。良いんだか悪いんだか。。。

性格を書きだしてみたんだけど…

果たしてこれでこの人に家を建ててもらいたいと思ってもらえるのでしょうか?

キレイに木の家の写真を撮る-研究熱心な性格

どうもみなさんこんにちは、エビナ製材海老名宣行です。

最近改めて、いかにキレイに木の家の写真を撮るかを研究しています。研究熱心な性格なので、興味があるととことん極めようとしてしまいます。え?オタク?いやそんなことはないです。

僕の研究熱心な性格は、木の家に対してもお客さんのご要望に対しても発揮されます。どうやったら丈夫で長持ちする家がつくれるのか、どうやったらお客さんにとって最適な答えが出せるかを考えて提案するために使います。

いかにキレイに木の家の写真を撮るか

例えば、今度完成見学会の会場として使わせていただく寝屋川市IN様の木の家。

そして工事真っ最中の大津市N様の木の家

現場ごとに良いなあと思えるところ映えるところを撮るようにしています。やはり木の質感は良いですね。

機材について

今使っているカメラは一眼レフのcanon 5Dmark2なので10年ぐらい前に発売されたものを使っています。レンズは標準ズームと超広角ズームを主に使っています。超広角ズームよりも、標準ズームで歪みのない写真のほうが見た目が良いのだとかなんとか書かれていたのを最近読んだので、歪みのないように撮っています。

デジタル一眼レフを使いはじめたのは、子どもが産まれたときなんですが、そのときcanonのeos kissをはじめて買いました。子どもはカワイイしキレイに撮れるし、更に施工事例もできるだけキレイな画像でSNSやブログに載せたくて、より写りの良いカメラやレンズが欲しくなり、、、単焦点レンズにもはまったりしていました。

F値ってなんだろう、どうやったらボケがキレイに撮れるんだろう、人物や建物はどうやったらキレイに撮れるんだろう、とかいろんなことを自分でネットで調べて熱心に研究していきました。

カメラはスキルを磨こうと思うとものすごく奥が深いので、さすがにそこまで極めようとはしていません。でも自分がどう感動して、それをどう撮りたいかどう見せたいかだけは考えながら撮るようにしています。現場に行くといつも少しずつ変わっていっているので、おおすごいカッコイイと感動しながら撮っています。

画像とネット SNSやクラウドの活用

平日の日中はお客さんが仕事されていますから、その間の現場の進捗状況を写真に撮ってツイッターやインスタに載せるようにしています。

https://www.instagram.com/n_ebina_kyoto/

https://twitter.com/kyotoebina

僕はツイッターのほうが好きです。

また、dropboxというクラウドサービスを使って写真を家ごとにフォルダで分けて保存しているので、お客さんと共有して自由に見てもらえるようにしています。あとあと何をどこに取り付けたかの確認もできるので、現場の写真はたくさん撮っています。そのうちの一部をブログやSNSにアップしています。プラン打ち合わせ時のお客さんのイメージを確認するためにも使っています。

ネットの世界では完成写真が多いですが、施工中の写真もキレイに撮ればちゃんと映えます!


トップへ