京都の木の家注文住宅のエビナ製材ブログ

家具製作

2018/08/05 木の家具づくり

京都で木の暮らしと注文住宅をつくる材木屋兼工務店、エビナ製材の海老名宣行です。

つくるものは、素朴であたたかみのある優しく柔らかく落ち着いた木の家です。そこにお客さんの好みやイメージを持ってきてもらって、一緒に話合いながらオリジナルなものをつくっています。そういう風にすると一棟一棟お客さんによって違うものが出来上がります。

twitter,instagram,FBページ も毎日更新していますので、よかったら見てください。

京都市西京区O様の木の家について、8月12日まで随時見学可能です。エビナ製材モデルハウスも随時見学可能です。見学、新築増改築のご相談はお問い合わせからお願いします。

オーダー家具の製作

まずお客さんから、どんな形状のものを作りたいかを聴き取りします。予算、そこに入れるモノの大きさ、使用するガラスの種類などを図面やサンプルを使用して、出来ること出来ないことを含めて話合います。実際一般の人がイメージ出来るようになるのは、工事が仕上げ段階に入った頃になるので、その頃に細かく話し合って仕様を決めていきます。

また、どれを誰に頼むかで製作してもらう人を変えています。例えば可動棚や固定棚、本棚のように棚だけとか箱状のものは大工さんに現場で作ってもらいます。

これに対して開き扉や引き出しやスライドレールが必要になる、より複雑で精度が要求されるものは家具屋さんに作ってもらいます。

カップボードで多いご要望は、ゴミ箱を置くスペースが欲しい、チェッカーガラスや気泡の入ったアンティークガラスを使いたい、吊戸棚が既製品だと高すぎるところにあるのでもう少し低いところにしたいなどです。あと、雰囲気に合うように好みの引手を使いたいというのに対応出来るのもオーダーならではです。

オーダー家具は、既製品と違って雰囲気を家のインテリアに合わせられたり一つ一つ受注生産になりますので、価格的には高くなります。だったら可動棚だけにしておこうとか、やっぱり雰囲気重視で家具もつくってもらおうとか人によっていろいろです。あなたならどうされますか?

エビナ製材の木の家インテリア家具

  これまでにエビナ製材でつくってきたインテリア家具をまとめました。キッチンのカップボードや玄関収納をつくってきました。

忘年会シーズンですが、お酒はあまり飲めない海老名宣行です。生ビール中ジョッキだけで十分です。
エビナ製材は京都滋賀で木の家の注文住宅をお客さんと一緒につくっています。
優しくてあたたかみのある家をつくります。
さて、本題です。

これまでにエビナ製材の木の家注文住宅でつくってきたのは建物だけではありません。
木の家のインテリアにあうような家具もオーダーでつくってきました。
最近はインテリアホソイさんのコーディネートにより、オーダーカーテンもご提案できるようになりました。
ですので、新築でもリフォームでもどちらでもインテリアのコーディネートが可能です。

僕のつくるものは、どんな風に何をつくろうと、常に「優しくてあたたかみのあるもの」になります。新築でもリフォームでも店舗でも家具でも絵でも、何をつくろうと必ず「優しくてあたたかみのあるもの」になります。「派手さ」とか「奇抜さ」とかはありません。

でも、ながーく使っていただくことでジワジワとその良さが出てきます。それに共感していただいてエビナ製材で木の家をご注文いただいたのが、これまでのお客様なのではないかなーと自己分析しています。

これまであまり大々的に取り上げてはこなかったオーダー家具の数々をここでまとめてみたいと思います。
かの有名なtruck furnitureさんほどではありませんが、家の雰囲気に合う、キッチンメーカーや建材メーカーのつくる既製品とは一味違う家具をつくってきました。

IMG_3557
洗面化粧台です。
既製品は使わず、陶器のボウルと水栓金具だけを買って、机のようなカタチの洗面台を製作してからボウルの部分に穴をあけて納めています。
洗面化粧台や手洗いに木を使うのはオシャレで良いのですが、反面防水出来るように塗装する必要があり、なおかつ濡れたら出来るだけ早く拭き取ってもらわないといけません。使う側もそれなりにこまめにキレイにしておいて欲しいです。

IMG_0673 IMG_0672

こちらはtruck furnitureのダイニングテーブルです。
オークで出来ています。超肉厚で意識的に節を見せるように仕上げられています。
この家を建てていたときにお客さんから「truck furnitureのような家具を作ってもらったらいくらかかります?」と聞かれ、かなり高い金額になってしまっていました。今現在でこそそんなに高くなく作れるようになっていますが、やはり当時は「作れても高い」というのが悔しかったですね。

そして、
IMG_0455
こちらは弊社ショールーム(京都市右京区嵯峨野秋街道町1−11)のダイニングテーブルです。
まさに上のtruck furnitureのときのリベンジをはかってつくりました。
出来るだけ安く抑えるために、国産の桧を使って上からオイル塗装で着色しています。
でも肉厚にしていますよ。

更に、
IMG_1407
ナラ材を使って子供用のテーブルやイスを作ったりもしました。
やはりナラやタモは堅くて家具に良いですね。

IMG_1402 IMG_2167 IMG_0534 IMG_3620

すべてキッチンのカップボードやキッチン周辺の家具です。
左から、ナラの突き板やムク材でつくったもの、壁にコルクを貼り、テーブルや本棚は集成材でつくったもの、ガラスはチェッカーガラスを使い本体はシナベニヤに塗装と天板をタイルで仕上げたもの、シナベニヤだけでシンプルに仕上げたものなどなど。
キッチンはクリナップやヤマハ、パナソニック、リクシル等メーカー品で安く抑えておいて、人目についてかつキッチンほど汚れないカップボードに力を入れるお客さんが多いです。
そりゃフルオーダーでキッチンもカップボードも作れるなら良いのでしょうが、高くつきますしね。
キッチン周辺がインテリアの中でも一番重要な部分だと思います。特に奥様がかなり力を入れられます。ですので奥様の趣味趣向が強く出るところです。

IMG_3606 IMG_2750
ダイニング側のカウンターです。
左はパイン集成材、右はクルミのムク材です。
これも予算やインテリアに合わせてムク材でつくったり集成材でつくったりいろいろです。

IMG_2745 IMG_2746 IMG_1415 IMG_1404
シナベニヤでつくった玄関収納、ナラのムク材と突き板でつくった玄関収納
たっぷり入ります。また、最近の傾向でシュークロゼットにされるかたも多いです。

IMG_2070_1 IMG_4657
その他テレビ台やスギでつくったベッドなどなど。

他にもいろいろ作っていますよ。
こういった家具も注文住宅やリフォームの建築と同じで、お客さんとこまめに話合う中で「予算や寸法、何をどこに入れるか」といったことを聞き取りながら何度も図面を描き直してOKが出たらつくります。

最近では「家の(またはお店の)インテリアに合う家具をつくって欲しい」と頼まれて家具単体でも作ることがありますので、お気軽にお問い合わせください。
材木屋ですのでコストパフォーマンス高く作れますよ。(^^)京都、滋賀、大阪の北摂エリアならどこでも行きます!


トップへ