京都の木の家注文住宅のエビナ製材ブログ

大阪府寝屋川市IN様邸

年末年始のお休みについて

海老名宣行です。

営業することは「お客さんの問題を解決すること」であって、「売ること」ではありません。僕の場合は、材木屋としての知見と住宅設計と施工と現場監理と関連法規や人とのつながりを駆使して、問題を解決しています。

年末年始のお休みについて

さて、あと数日で2018年が終わって2019年に変わります。ただ単に年が変わるだけなのに、なんで挨拶回りしたり祝ったりする必要があるんだろといつも思いますが、世間一般的にお休みですのでエビナ製材も休みに入ります。

2018年12月30日日曜から2019年1月6日日曜までお休みします。メールや資料請求は常時受付しています。

寝屋川市IN様の木の家 注文住宅の完成見学会 2019/01/26,27

また、明日29日に資料請求いただいたお客さんに対して、メールにて1月26日,27日開催の完成見学会のご案内をお送りする予定です。たくさんのお客さんにお会い出来るのを楽しみにしております。

関連するブログ記事はこちらです

2018/12/04 寝屋川市IN様の木の家 注文住宅の完成見学会 2019/01/26,27 開催決定
https://www.kyoto-ebina.com/blog/archives/5487

寝屋川市IN様の木の家注文住宅の養生が剥がれました 2018/12/18
https://www.kyoto-ebina.com/blog/archives/5497

寝屋川市IN様の木の家の現場の状況

今現在現場のほうは、内装はほぼ完成していて、あとは外構関連の工事を残して年をまたぎます。

めっちゃ良い感じでしょ?ほんとに良い家になりました。

最初に築50年の家を見せていただいたときは、劣化がひどくてリフォームしても無理と判断したのは正しかったと思います。木造を専門とする建築士として公正な立場から見て判断しています。

見た目では全くわかりませんが、断熱がガッチリ効いているし、構造もシロアリや腐りに強いし、内装に無垢材使っているから香りがあるし、木の調湿作用で湿度も抑えられるし、良いことがたくさんあります。

今現在工事中の現場

着工している現場は他に二つあります。

一つは、滋賀県大津市N様の木の家

ログハウス風の平屋の木の家で、外壁は杉板縦貼りです。内部は12月27,28日にアイシネン吹付断熱工事が完了しまして、引き続き大工さんの仕上げ工事が進行中です。

そしてもう一つは、宇治市U様の木の家

基礎の掘削が完了して、年明けから基礎工事がスタートします。こちらも平屋です。

大きく3現場を同時に進めています。各現場へはモデルハウスから車で約1時間かかるので、施工監理のためあっち行ったりこっち行ったりしています。

お客さんの問題を解決するために「つくる」

お客さんと向き合って、お客さんの問題を解決するために何をどうすれば良いか整理して、図面に落とし込んで、実際に家としてつくっていく、という流れの中から出来てきたものが今目に見えている写真です。

売るためにつくった家ではなく、デザインのために出来た家ではなく、お客さんの問題を解決することを目的として出来た家です。家の仕様がまずあって、というつくりかたではないので、お客さんによって出来上がるものがいろいろなのは上記のような過程を経ているからです。

例えば直近の施工事例のように、
〝隠し〟木の家?見せ方控えめ、居心地格別│京都の工務店エビナ
https://www.kyoto-ebina.com/case/newhouse/index17.html

普通は、家の仕様がまずあって、プランがいくつか既に存在していて、それをお客さんが買うというカタチです。お客さんが工務店やメーカーに合わせるカタチであって、工務店やメーカーがお客さんに合わせてつくるのとは全く違います。

ここの差が大きいのですが、これを説明するのがかなり難しいんですよね。。。

だけど、きちんと問題を解決するためには、工務店やメーカーがお客さんに合わせてくれるところを選んだほうが良いですよ。

寝屋川市IN様の木の家注文住宅の養生が剥がれました 2018/12/18

海老名宣行です。

ようやく図面と見積から少し解放されましたので、ブログ書きます。

寝屋川市IN様の木の家注文住宅の養生が剥がれました

めっちゃ良い感じですよねー。良い家になりました。

ようやく12月15日に養生を剥がして掃除できまして、床が見えたので木の家らしい見た目になりました。外壁は黒の木目柄を使っています。玄関を入ってまず廊下と階段と吹き抜けがドーンと見えるようになっているので、ここがまずインパクトがありますね。1階の床は桧、2階の床は杉を使用しています。

家を建てる経緯

ここはもともとご注文いただいたお客さんのご実家で、今でもそこにお父さんとお母さんが住まれていました。

「子どもも手が離れ、自分の親も高齢になってきたので、仕事をセーブしてそろそろ実家に戻り親と一緒に住みたい。でも今の築50年の家では狭くて住めない。建て替えたい。」というお客さんのご要望に基づいて計画がはじまりました。

計画としては、まず高齢者への配慮を最優先として、1階にお父さんとお母さんの個室を確保してLDKと接続し、トイレへの動線や洗面所、お風呂へ行きやすいようにプランしました。

他にはキッチンのコンロは火気を使用しないようにIHとしたり、夜にトイレに行きやすいように足元灯が取り付けられるようにコンセントを設けたり、テレビのコンセントや手摺もたくさんつくっています。また、10.5帖の部屋を作り付けの家具で仕切り、後々取外しが出来るようにしています。

階段の手摺格子を横格子として、壁に付いている通常の手摺とは別に手摺として使えるようにしたので、両手で手摺をつかみながら階段を上がり下り出来るようになりました。これによって、もしかするとお父さんとお母さんが2階にも上がれるかもしれません。2階は全て勾配天井として空間を大きくとり、明るく開放的なつくりになっています。

二世帯のメリットデメリット

親と離れたところに土地を買って、単世帯で家を建ててもしくは賃貸に住んでというのが一般的ですが、そうではない選択をされました。実家に戻って家を建て替えて一緒に住むということがなかなか無いことなので、それを実現しようという想いが偉いなあと思います。

資金面だけで考えると、土地も既にあるし建築資金も一部負担してもらえたりといったメリットがあるので、二世帯で暮らすことは良いことだと思いますが、やはりいろいろな条件が揃わなくて無理ということが多いですよね。

それにしても良い感じに仕上がりました。寝屋川市という踏み込んだことのないエリアだったので最初どうなることかと思いましたが、大阪の下町らしく近隣の皆さんにはとてもフレンドリーに接していただけました。


トップへ