京都の木の家注文住宅のエビナ製材ブログ

家づくりのお話

2018/10/06 うなぎの寝床対策

京都でお客さんの木の暮らしをつくる材木屋兼工務店、エビナ製材の海老名宣行です。

うなぎの寝床対策

狭小間口の家の場合、工事しているときに職人さん達が困るのは、狭いので長さ4mの木材などの長いものを振り回すことが出来ないことです。振り回そうと思うと一旦家の外に出て振り回してから戻ってきて納めるという風にしないと進められないというのが悩みどころです。僕のような設計施工監理の立場の人としては、やはり狭すぎて手が入らないところとか人の手の届かないところを、安全側に立った場合どう対応するべきかを考える必要があります。傷みが少なくて済むように、経年劣化が起こりにくいように、といったことを考えながら進めていっています。

twitter,instagram,FBページ も毎日更新していますので、よかったら見てください。

エビナ製材木の家モデルハウスは随時見学可能です。見学、新築増改築のご相談はお問い合わせからお願いします。

つくるのは、素朴であたたかみのある優しく柔らかく落ち着いた木の家です。そこにお客さんの好みやイメージを持ってきてもらって、一緒に話合いながらオリジナルな注文住宅をつくっています。そういう風にすると一棟一棟お客さんによって違う木の家が出来上がります。新築でも増改築でもそこは変わりません。木材のプロである材木屋さんですので、プロの目で見て使うべき木材を適材適所で使い分けています。

2018/10/02 キレイに上からの力を下に伝えられる構造

京都でお客さんの木の暮らしをつくる材木屋兼工務店、エビナ製材の海老名宣行です。

勾配天井杉板貼り

勾配天井杉板貼りは、木の家らしい内観になるので好きです。ログハウス風になるというか。出来る出来ないはお客さんの要望や予算によって変わりますね。まして2階の寝室なんて自分自身以外誰も入らないことも多いですからそこまでしなくても良いのではというお客さんも多いですよ。

寝屋川市IN様の木の家

まだまだ構造体がそのまま見えていますが、筋違いが入ったり間柱が入ったり構造金物が付けてあったりと毎日少しずつ進んでいます。構造体見てもなんのことかわかりにくいと思いますが、キレイに上からの力を下に伝えられる構造になっています。それだけ地震などの力に対しても有利だといえます。玄関周辺が日当たりが良さそうで、ほぼ計算通りといったところです。

台風の強風で浮いた瓦

その後、寝屋川市から高槻市に移動して、台風の強風で瓦が浮いたということで応急処置に向かいました。屋根に向かってスライダーを伸ばして掛けてみたのですが、高いしスライダーがふらつくしで怖すぎて屋根の上まで上がれませんでした。別のルートから上がって処置して完了です。火災保険を適用されるそうなので、そのための見積書を作成することになりました。

twitter,instagram,FBページ も毎日更新していますので、よかったら見てください。

エビナ製材木の家モデルハウスは随時見学可能です。見学、新築増改築のご相談はお問い合わせからお願いします。

つくるのは、素朴であたたかみのある優しく柔らかく落ち着いた木の家です。そこにお客さんの好みやイメージを持ってきてもらって、一緒に話合いながらオリジナルな注文住宅をつくっています。そういう風にすると一棟一棟お客さんによって違う木の家が出来上がります。新築でも増改築でもそこは変わりません。木材のプロである材木屋さんですので、プロの目で見て使うべき木材を適材適所で使い分けています。


トップへ